永久脱毛は痛い?痛くない?

永久脱毛は痛い?痛くない?

痛みがまったくないと言ったら、嘘になってしいます。

 

レーザー脱毛の場合でも、色素沈着をしているところでは、特に痛みを感じると思います。

 

まず、医療機関で脱毛をおこなう時、レーザーでも絶縁針でも、箇所や場合によってですが、

 

麻酔を使って痛みを感じないようにすることができます。

 

痛みを全部取り払ってしまうと、

 

ヤケドの危険性を捕らえることができないなどデメリットが生じることもありますので、

 

いずれの場合に麻酔をするわけではありませんが…。

 

しかし、ドクターのいない非医療機関では、ただただ痛みを我慢するしか方法はありません。

 

そのうえ、いくら内装や設備が豪華絢爛でエステティシャンがやさしくで親切でも、

 

辛抱できない痛みや熱傷は永久脱毛をやりたい人にとって大きく危険が高いとならざるを得ません。

 

また、よく医療用レーザーのチラシなどを見ていると「痛くない」など

 

「ほとんど痛みはありません」といった宣伝チラシを見かけます。

 

しかし、日本医学脱毛協会の医師たちが診察の場所で考えていることは、

 

永久脱毛は「痛い」ということが前提原則です。

 

絶縁針脱毛でもレーザー脱毛でも痛いんです。

 

どのような理由ならば、どちらのやり方も

 

皮膚の下3〜4ミリの場所にある毛包に熱を与えて(熱傷をさせて)毛を生えなくさせるやり方だからです。

 

絶縁針でもレーザーでも、痛みをなくならすに、

 

毛包を焼くことができないほどに弱い出カレべルまで下げてしまっていては、永久脱毛をすることはできません。

 

強い出力でなければ、毛包が焼けない、言い換えれば痛くなければ、毛包にショックは与えられないのです。

 

痛みの感じ方は個人によって色々ですから、その方の毛量や肌質によって、

 

日本医学脱毛協会の加盟病医院では、麻酔を使う例もあります。

 

自体は、永久脱毛エステを長年研究してきたドクターの実績の上に成り立つものです。

 

いずれにせよ、永久脱毛したい人は「痛くない」という言語を信じるよりも、

 

痛みがあるという前提で、医師に痛くない極意をゆだねてほしいものですね。